小学生のフルートレッスン:Nちゃん

今日はNちゃんのレッスンでした。

前回は上手くいかないことが続いて、スネ気味でしたが、今回は練習してレッスンに臨むことができました(*^^*)

いつも生徒に言うのは、練習してないと言うことを選んだのは自分なのだから、練習してなくて出来ないからレッスン受けたくないならないで、その気持ちを受け入れなさい。
どうしてもレッスンを受けたくなかったら自分の口から言いなさい。
と言っています。

そして、ココとココとココがこうや、こうや、こう言う風にできていなかったら注意するからね。
と言います。明確な基準です。

今日はまず、息の吐き方の練習、ロングートーンをして、自分の音についてどう思うか、私の音についてどう思うか、違いはなんだろう?どっちが好き?等、自分で音作りをしていく中でのお話をしました。

それから、普段の練習の仕方。練習と言うのはできるようにするための案を実行している時間のことだと思うので、
レッスンまでどんな風に練習をしたか、それは効果があった? できてない?
じゃあ具体的にどの音ができてない?そう、その音!じゃあ、その音をふけるようにするためにはどうすればいいだろう?
何かアイデアはある?

と言った具合に自分で考えて進んでいけるようにヒントを出しつつレッスンします。

頑張りましょう(*^^*)