子供のフルートレッスン:小学生のNちゃん

今日はnちゃんのレッスン。

最初に音階練習をしました。
練習をなかなかしてこない小学生にはテンポをはっきりと指定して、ここからスタートして、このテンポまで上げてきてねと言います。すると明確にじぶんが出来ているか、出来ていないかがわかります。

最近どうやったらうまくレッスンできるかな?と試行錯誤しています。
本を読んだりして思いましたが、教えることって、本人が気づくのを手助けすることだと思います。
レッスン時間中に練習をさせて上手くなってもらうか、レッスン時間中に私と言う別の人格の1視点を学んでもらう方がいいか、悩むところです。

レッスン時に練習が間に合ってなくて本人ボロボロでもとりあえず全部吹いてもらって、私からは良し悪しを言わず、本人に感想を言ってもらいます。自分が一番わかっていますからね。

練習では出来ていたけど、レッスンでは指が回らなかったとのことでした。
そこで二人でどうやったらレッスンで指が回るようになるだろう?普段の練習と今日と何が違ったかな?気持ち?テンポ?
と話し合いました(^-^)

それから、タンギングの練習。ダブルタンギングとトリプルをしました。
頑張りましょう♪