大人のフルートレッスン

Mさんのレッスンでした。

今日は吹奏楽団の曲を一緒に取り組みました。

タンギングと指の問題を解決するために、ざっと演奏を聞きました。

演奏を聴くとどうやって体を操作してるのかが大体わかるので、生徒の演奏をトレースして自分の演奏のやり方との差異、それによる効果を口で説明します。

タンギングがなかなかできない人の多くは、タンギングした後の息をタンギングによって押し出すような動作をしていますが、舌を一定の位置に留めようとするとうまくいきます。

指が回らないときは、頭が混乱していることが多いので、どの指を動かさなくていいか(これ重要)というのと、次にどの音になるかを連結させるやり方をとると回るようになります。