大人のフルートレッスン:社会人のMさん

今日はMさんのレッスン。
初めにトレバーワイのアーティキュレーションの本を使ってタンギングの練習に取り組みました。

気を付けることは、タンギングは”音”を発音することなので、決してイコール舌を動かすと言うことでは無いので注意しましょう。

意識しながら何回かやると随分と音がクリアになって来ました。
この調子でダブルタンギングも練習しましょうね^ ^

それから、音域によって当たるポイント捜しをしました。
ハーモニクスで倍音を出して行きますが、この時にどんどん大きな音にしていかないと音が出ないのは、低音用のポイントに無理やり早いスピードの息を多量に当てて出しているからです。

中音、高音とも息の量は一緒ですが、当てるポイントとわずかなスピードが違います。
ここをコントロールできると幅が広がると思います。

そのあとはエチュードをしました。
基礎のタンギングが役にたちましたね^ ^

次回もまた頑張りましょう!