フルートレッスン:社会人のMさん

なんか、頭文字がかぶっている人が多いです。うちの生徒さんたち。。。

さて、今日はMさんのレッスンでした。Mさんは家で練習してきてレッスンに持ってくると言うスタイルではなくどちらかと言うとレッスンで練習するスタイルです、社会人の方は本当に忙しいのでそんなスタイルでも全然いいと思っていますし、そうなったらより良い方法でレッスンしたいと思っています。

今日は前のY⚪︎AMAHAさんのフルートの教本のエチュードをしました。スラーとタンギングを書かれているとおりに吹くのは大変ですが、できるようになると面白いです。

その他に、各音域による音の出し方の微妙な違いを練習しました。

『吹く』と言う一つの単語の中にはかなり複雑な体の動作が入っています。

まず、息を出すこと、息の量を調節すること、息を何処に当てるかの角度を調節すること、楽器を構える事etc

これらの事柄が全て繋がってうまく行っているから音が出せています。

低音域、中音域、高音域と3つの種類の音域がありますが、吹き方としては、何処に当てるかのポイントが一番重要な要素、それから次に息の速さと量だと思います。

息を当てるポイントを変えることによって、音域をかえることができます。でも、じつはこの他にもうひとつやってしまうやりかたがあります。それは、息の量とスピードを上げることで低音域から中音域、高音域と鳴らすことができます。でもそうすることで、低音域は余計にボソボソと、中音域は低音域と混じって、しかもなんだかうるさいといった結果になってしまいます。

そこで重要なのがハーモニクスを用いて練習することです。タンギングをしてもしなくてもいいのですが、とにかく音自体の印象を低音、中音、高音と揃えるように注意しながら練習します。

すると、改善されていきます。