ピッコロレッスン:Sさん

今日はピッコロレッスンのSさんのレッスン。

今日は部屋を変えて少し響く部屋でしました。

ピッコロで一番なってはならない結果と言うのが、ギィっみたいな力が入った音です。
無理やり音程を直したりしているとそうなっていきます。

ピッコロは、必要最低限の力の入れ具合で吹かれるべきだと思っています。
低音で音を作っておいて、そのコンディションとかけ離れないように中音、高音と吹きます。

高音に行くにつれて息が細くなるのではなく、息の塊が細くなるのではなく、移動するスピードが速くなるイメージです。

車がアクセルを踏むと滑らかにびゅーんと早くなるのをイメージするといいと思います。

そうすることでピッコロの音色が上に行くにつれて痩せると言う事が無くなります。