ピッコロレッスン

今日はピッコロのレッスンでした。

最初に低音の音色づくりからスタートしました。
前よりずっと音色が響きの中心に収まるようになったと思います。

上から押さえつけるように吹くと、音域ごとにかなり違った吹き方をしなければいけなくなるのでリスキーです。

それからエチュード。
ピッコロの場合は低音の音色がぼそぼそぼそとなってしまう事が多いですが、エチュードを吹く時はなるべく印象がかけ離れないように吹くといいと思います。
ピッコロに慣れないと、フレーズをつなげたくても、音域が変わるとぶちっと切れてしまう時があります。それがだんだんなおりましたね。

その後、ちょっと一曲!と言う事でピッコロのオリジナル曲に挑戦してみました。
ステファンソンのコンチェルティーノの2楽章です。
私もこの曲は試験曲でした。結構勉強になりましたね。